2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tune out

今日も雨だ。
いや...昨日は晴れだったか?
この時期の空模様というやつは曖昧なもんだから、記憶が朧げになるのも仕方が無い。
たとととと...た...た...たとと...雨が屋根を叩いている。
窓を見上げると、灰色だった。
多分昼だな。
昨日は何をしていたんだ?
眠りに入る前の記憶が無い。
この本は...なんだ?おれが買って来たのか?
ページをパラパラと流してみるが、全く覚えが無い。

ここは確かにおれの部屋だが、まるでモニタを通して見ているかの様に他人行儀だ。

喉が渇いて冷蔵庫を開けるとバターが入っていた。
見覚えのないパッケージ、聞き覚えの無いメーカー。
ドアポケットにジュースを見付けて手に取る。
「チキルトン100%...?チキルトンって何だ...」
果物の様な絵が描いてあるからきっと果汁だ。
流しに伏せてあるグラスに淡い黄色の果汁を注ぐ。
匂いを嗅ぐと甘い香りがした。
飲み干すとオレンジだった。

ここはおれの部屋だが、まるで別の世界だ。
夢だろうか。
夢の中で目が覚めてジュースを飲んでいるのか。
それとも目覚める時に少しチューニングでも狂ったのか。
よく似た別のチャンネルへ来た様な、はっきりとした違和。

雨足は強まるばかり。
雨音のボリュームが上がっていく。
やがて耳を砂嵐の様な音に占拠されて、何も考えられなくなっていった。
流しのステンレスに映った顔は、無表情でこちらを見返した。


ブツリ。


ボリュームを下げずにアンプのスイッチを切った時みたいな音がした。

静かになった。
さっきより随分と明るい。
窓の方を見やると、カーテンの間から陽光が差していた。
流しに置いたジュースのパッケージはオレンジ。

誰かが間違いに気付いて慌てて修正した様な、そんな気がした。
もう一度ジュースをグラスに注いで口に含む。



「...」



予想と全く違う味に驚いて、吐き出した。
知らない味だった。


ジャックと縄 «  | BLOG TOP |  » レムの穴

プロフィール

アラスカ

Author:アラスカ

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。