2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャックと縄


おれの名はジャック。
旅をしている。
旅をしていると色んな奴とすれ違う。
「どこへ向かうんだい?」
「どこって、この先だよ」
「ああ、海沿いの街へ向かうのか」
「街があるのか」
「そこへ向かっていたんだろう?」
「いや、おれは“この先”へ向かっていた」
大抵みんな何とも言えない微妙な顔をして行く。
それならあんなおかしな質問、しなけりゃ良い。
まあどうでも良いか。


旅をしていると色んな奴とすれ違う。
「ここら一帯はドン・ロバーティの縄張りだ。通行料置いてきな」
「縄張り?関所か?」
「ああそうだ。ここが関所だ。さっさと置いて行くんだな」
「通るのに金がいるのか?」
「そうだと言ってるだろう」
「旅行者通行手形じゃなくて?」
「良いから財布出せ」
「財布?通行料は財布なのか?」
「なめてんのか」
「なにを?」
最初に剣を抜いた方が悪い。


色んな奴とすれ違う。
「お前、縄切りジャックだろう」
「ただのジャックだ」
「賊の間じゃ縄切りって呼ばれてんだよ」
「縄切り?縄なんてそんなに切った覚えはない」
「あちこちの賊の縄張りを剣一本で真っ直ぐ通ってくってな」
「確かに真っ直ぐは通る」
「やっぱり」
「?…じゃあな」
「こらちょっと待て、通行料置いてきな」
「関所か?」
「とりあえず勝負しろ」


最初に剣を抜いた方が悪い。



Bless you «  | BLOG TOP |  » tune out

プロフィール

アラスカ

Author:アラスカ

最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。